妊婦が施術を受ける事が出来ない理由

妊婦が施術を受ける事が出来ない理由

妊婦が施術を受ける事が出来ない理由 医療脱毛施術は妊娠していない女性であれば、幅広い年代で受けることが出来ます。しかし、妊婦の場合はこれまで施術を受けていたとしても継続して施術を受けることは出来ません。その理由は大きく2つ挙げられます。まず、妊娠をすることによって、体内のホルモンバランスが崩れ、体毛にも変化が生じる可能性があるということです。個人差はありますが、医療脱毛施術によって体毛が濃くなってしまう可能性があります。さらに、妊娠した状態で施術を受けた場合に胎児にどのような変化があるのかははっきりと分かってはいません。科学的には胎児への影響は無いとされていますが、万が一何らかの異常が見られた場合のことを考え、安全策として施術は行わないという姿勢のクリニックが多いようです。
妊娠が分かった時点から出産後までは施術は出来ないわけですが、脱毛効果がなくなるということではありません。妊娠後に施術を再開することで、脱毛完了までにかかる期間は、一度も施術を受けていない人から比べると短くなります。

医療脱毛で怪我をするケースはほとんどないので安心

医療脱毛で怪我をするケースはほとんどないので安心 医療脱毛は痛みが強いので怪我のリスクが高いように思えますが、実際は脱毛方法の中で最も安全です。例えば自己処理だと自分の肌に合わない方法で行ってしまう可能性がありますし、サロン脱毛はエステティシャンの腕にかかっています。ベテランスタッフが処理してくれる場合は安全性が高いですが、未熟なスタッフが施術すると肌荒れの可能性が高くなります。それに対して医療脱毛は医療資格者が行うので、安定の技術力と安全性の両立が可能です。
怪我をするケースは極めて少ないですし、肌トラブルも起こりにくいです。万が一肌荒れが生じても適切な処置で改善できますし、薬物療法で治療できるのも魅力でしょう。治療はすべて医療行為となるため、エステサロンでは行えません。大手サロンが医療機関と提携しているのは、肌トラブル発生時に任せるためです。つまりサロン脱毛よりも医療脱毛のほうが効果的かつ安全であり、万人向けと言えるわけです。さまざまな脱毛を試したけど効果がなかったという方には医療脱毛をおすすめします。

新着情報

◎2018/12/10

妊婦が施術を受けられない理由
の情報を更新しました。

◎2018/8/7

ワンショットの活用方法
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

キャンペーンを利用
の情報を更新しました。

◎2018/1/17

医療脱毛で美肌になれる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

もっとも効果を感じる部位とは?
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「脱毛 妊婦」
に関連するツイート
Twitter